横浜・上大岡の住まいづくりのスペシャリスト。ローコストでデザインとバランスの良い注文住宅を。

大樹建設の家づくり

フルオーダーの完全注文住宅

冬暖かく、夏涼しい家

冬暖かく夏涼しい

夏はひんやり涼しく、冬はほっこり暖かい。それぞれの季節に適合した快適な住空間を創造します。快適な住まいのキーワードは、断熱・気密性能・太陽光発電システム、風と光を制するプランニング、自然素材、壁面緑化・屋上緑化、など多様。太陽、風、気温、地温といったあらゆる自然のエネルギーを有効に活用し、人間にも環境にもやさしい暮らしを実現します。

高い断熱性が生みだす快適で安全な空間

寒暖に適合した住まいの基本は自然の風や光、熱を取り込み、それらを最大限に活かす断熱と気密にあります。断熱と気密の関係性を高めることで、冷暖房をはじめとした消費エネルギーの削減につながり、さらには環境にも家計にもやさしくなるのです。

ヒートショック対策

ヒートショックとは急激な温度変化によって体が衝撃をうける盈虚のことです。健康的で快適に生活をおくるためには、建物内を24 時間一定に保ち、ヒートショックを抑制することが必要不可欠です。

結露の防止

結露の正体は空気の中の水蒸気です。水蒸気はカビの発生やダニの生息などの温床となるため、健康にも悪影響を及ぼします。調湿機能のある木をふんだんに使用した室内なら、結露が生じにくく快適な環境を保ちます。

天井・壁の断熱・気密

天井・壁の断熱材、アクアフォームは水から生まれた環境に優しい断熱材。断熱性、防音性をはじめ気密性にも優れているため、光熱費の節約にも期待ができます。

アクアフォーム

アクアフォーム断熱材は、水を使って現場で発砲させます。これにより柱と柱の間や細かい部分にも隙間なく充填することができます。アクアフォームはイソシアネートと水を含むポリオールを混合することで発生する炭酸ガスを発泡材として利用するので、オゾン層の破壊や地球温暖化の原因となるフロンガスをまったく使用しない、地球にやさしいウレタンフォーム素材として開発されました。また、人体への影響も考慮し、アレルギーなどの原因とされる有害物質、ホルムアルデヒドも発生させません。暮らす人だけでなく、施工する人にもやさしい素材です。

高い断熱性能と気密性

複雑な構造の住宅も現場吹き付け発砲だから隙間なく施工できます。また、自己接着力によって躯体との間に隙間ができにくく、長期間にわたって優れた気密・断熱性を維持します。高い気密・断熱性をもつ住宅は省エネルギー効果が高く、建物の冷暖房に要する光熱費を削減します。

サーモグラフィーによる計測
[夏]エアコンを使用せず室内表面温度を計測
[冬]エアコン25度設定で
15時間作動させ停止後の表面温度を計測

防音性能

アクアフォームの細かな連続気泡構造は吸音性にも優れています。高い気密性により外部の騒音や内側からの生活音の漏れを軽減するとともに、アクアフォームの細かな気泡構造が音をスポンジ状のフォーム内に拡散します。外からの騒音の侵入や、生活音の漏れを気にすることなく快適に暮らしていただけます。

窓の断熱・気密

暖冷房の熱の最大の逃げ道は、窓です。窓から室内の熱を逃げにくくし快適な室内環境にするために有効なのが、高性能断熱サッシの採用です。

Low-Eガラス・ペアガラス

Low-Eガラス(Low-E=Low Emissivity)とは、室外側ガラスの乾燥中空層に接する面に、熱放射を遮断する特殊金属膜をコーティングしたペアガラスです。夏は日射熱の流入を防いで冷房効率を高め、冬は暖房輻射熱の流出を防いで暖房効率を高めることができます。また特殊金属膜は、紫外線も大幅にカットでき、内装や家具の色あせ、劣化の防止にも効果があります。高い断熱性により、冬場の不快な結露も大幅に抑止。一年を通じて快適な空間を実現します。

床の断熱・気密

床の断熱材は、工場でプレカットされたボート断熱材を敷き詰め、材料のムダを省くと同時に、気密性を高めています

下地と気密工事

壁と床や、床の下地材のつなぎ目には、しっかりと気密テープを配して気密性を確保しています。テープで補えない柱・土台との隙間は、シーリング処理を施しています。

横浜・上大岡の建設会社 住まいづくりなら大樹建設株式会社

〒233-0002
神奈川県横浜市港南区上大岡西1-4-20
喜多見ビル4F

地図を見る
Copyright © 2018 OKI CONSTRUCTION